食べ物をかえれば体質が変わる!体温を上げるとこんな効果が!!

体温 上げる 食べ物

体温が低いと血圧も低くなる?

 

血圧が低いと心臓から出される血液の圧力が弱くなるので、筋肉などから産生された熱を全身に伝える働きも弱くなります。熱が伝えられないと体温も低くなってしまうので、低血圧の人は体温も低くなることが多いです。低血圧の人は朝が弱いと言われますが、体温が上がらないのが原因かもしれませんね。

 

では低血圧は病気なのでしょうか?血圧といえば病気の原因となるのは主に高血圧の方です。さまざまな生活習慣病や脳いっ血などを起こす原因のひとつ。高血圧は最高血圧が130mmHg以上で、最低血圧は85mmHg以上の状態。そして低血圧とは最高血圧が110〜100mmHg以下の状態で、特に何かの重い病気の原因になるわけではありません。ですが低血圧は体がだるかったり、休んでも疲れが取れない、食欲が出ないといった症状が出ることもあります。ひどくなると日常生活にも支障が出ることもあるので、改善した方が健康に過ごすことが出来ます。

 

血圧は脳の視床下部というところがコントーロールしていますが、体温も同じく視床下部で調整されます。視床下部から交感神経に伝わって体温や血圧の調整がされますが、この機能に異常があると低血圧や低体温を起こすことに。そうならないためには自律神経のバランスを正しくすることが大事です。無理なダイエットや睡眠不足、ストレスなども自律神経を乱す原因なので、生活習慣を見直してみましょう。そして運動も重要です。スクワットや腹筋などの筋トレやウォーキングなども効果的。適度な運動を心がけてください。

 

また近頃は子供の低血圧や低体温が増えています。いろいろと原因はありますが、気をつけたいのが過保護による自律神経の乱れやエアコンなどで体が冷えすぎることです。過保護によって守られ過ぎると自律神経が乱れがちになります。適度な刺激やストレスも子供にとっては大事なことです。体温や血圧が低いと病気に対する抵抗力もなくなるので、体温を上げる工夫をするようにしてください。

 

体温は一日の中でも変動していて、若者と高齢者でも違いがあります

 

体温は一日の中でも一定の幅を保ちながら変動しています。早朝が最も低く、夕方4時から6時くらいまでが最も体温が高い時間帯。体内時計にコントロールされていて、概日リズムに従い変動しています。変動幅は0.5〜1℃くらいで体温には個人差があります。視床下部にある体温調節中枢により体温は調整されていて、普段は安定した体温を保っています。

 

高齢者は体温を保つ発熱作用の能力が成人の時より1割程落ちると言われていて、平熱は成人の時よりも0.2%くらい低くなり、一日の中での変動もあまりありません。そのため感染症などであっても微熱程度しか発熱しないため、見落としてしまうこともあります。

 

ここでいう平熱とは、普通の気温の中で空腹でなく過ごしやすい服装、そして健康である時の体温のこと。他にも飲食や喫煙後の20分以内や入浴、運動後なども正しい平熱だと判断するのは難しいと言えます。そして微熱とは37℃台が一定期間あるか、繰り返し出現することをいいます。日本ではこのような微熱が3週間以上続くと結核が疑われるほか、慢性感染症、悪性腫瘍、鉄欠乏症貧血などといった病気が原因の場合もあります。普段から平熱を正しく把握しておくことが大切です。体調が安定している一日の中で4度の検温をしてください。

 

・起床時
・午前
・午後
・就寝時

 

何日かおいて測ることで平熱の基準が分かります。検温する際には食前か食間にすることで食事の影響を受けなくなります。病気の早期発見のためにも、時間帯ごとの平熱を把握しておくようにしましょう。

 

体温は測る箇所によって違いがあります

 

体温計で体温を測るには脇の下で測るのが一般的ですが、実は脇で測ると体温が低めに出ることが多いのです。体温を測る場所は脇の下、口の中、耳、そして直腸などがあります。それぞれ体温計も違うので、脇の下用の体温計で耳や口の中を測ることは出来ません。

 

特に直腸は肛門に体温計を入れるので、一般家庭にはあまりないもの。普通の体温計で直腸温は測れないのでご注意ください。では測る箇所によってどのような違いがあるのでしょうか?屋内の安静時での違いについてご説明します。

 

●直腸温
外気の影響を受けないので、最も深部体温に近い測定が出来ます。
●口腔温
口の中、舌の下に入れて測ります。直腸温より0.5℃くらい低く測定されます。
●鼓膜温
耳の中の赤外線で測る方法で、短い時間で検温することが出来ます。
だいたい口腔温と同じくらいの値になります。
●腋窩温
脇の下に入れて測る検温。脇の下が温まるまで脇の下を閉じたまま10分以上かけて測定します。だいたい直腸温より1℃近く低く測定されます。脇の下は外気に触れる部分なので、どうしても正確な検温は難しくなります。一般家庭では脇の下で測る体温計が多いと思いますが、このように少し低い温度で計測されるということを知っておいてください。

 

特に熱中症のケースでは37〜38℃台なので大丈夫、と思っても直腸温より低く出ていることが多いので、油断してはいけません。なかなか直腸温を測るのは難しいですが、他の場所で検温したものは直腸温よりも低い数値だと理解していてください。

 

体温を維持するための身体活動とは

 

人間の体は常に体温を一定に保とうとしています。人間を含む哺乳類や鳥類などは恒温動物といって体温を上げたり下げたりする機能を持っています。人間は具体的にはこのような体温調整をしています。

 

@無意識に体温を上げる
・震えることで熱を作る
・皮膚血流を少なくすることで体温を下げないようにする
・鳥肌をたてて体温を逃がさないようにする
・代謝を増やして熱を作り出す

 

A意識的に体温を上げる
・運動をして体温を上げる
・食べることで熱を生み出す
・日光にあたることで体が温かくなる
・着るものやお風呂などで体を温める

 

これらが体温を上げるための身体活動。そして体温を下げるたもの身体活動には次のようなものがあります。

 

B無意識に体温を下げる
・汗をかくことで熱を放出する
・手足や皮膚の血流を良くして体の中の熱を逃がす
・呼吸することで熱を放出する

 

C意識的に体温を下げる
・冷たいものを食べたり飲んだりする
・クーラーなどで体を冷やす
・薄着になって体が熱くならないようにする

 

無意識によるものは自律神経の働きによって起こるものが多く、これを「自律性体温調節反応」といいます。そして意識的にする体温調節は「行動性体温調節反応」といい、運動によって作られる熱のおよそ7割が筋肉などからと言われています。そして2割は胸腹部の臓器から生み出され、残りは脳などから生み出されます。このように体温を維持するための身体活動には意識的にするものと無意識のものがあり、環境温度が変化しても一定に体温を保っています。

 

体温計の正しい測り方をマスターしよう

 

電子体温計には実測式と予測式の2種類ありますが、それぞれの正しい測定法を理解しておくことが大切です。まずは実測式の体温計についてご説明します。仕組みは昔ながらの水銀の体温計と同じで、温度センサーをそのまま表示するもの。これ以上上がらない平衡温になるには脇の下で測る時は10分以上、口の中では5分くらいです。脇の下や口の中で測る理由は外気に接触しにくいことがあげられます。

 

脇の下は10分間しっかりと閉じることで平衡温になると言われています。赤ちゃんなどじっとしていれない場合は耳式体温計が便利。耳の鼓膜に赤外線を当てることで、短時間で測定することが出来ます。次は予測式の体温計です。これは10分かかる測定時間を短くするために開発されました。予測機能によって短時間で体温を予測するもので、小さいお子さんや忙しい時などは便利です。

 

予測式は口専用と脇の下専用があり、上昇パターンが違うのでどちらか片方でしか測ることが出来ません。また予測式ではありますが、そのまま測定を続けると実測での体温を確認出来る体温計が多いようです。それでは脇の下での測定はどのように測るのが正しいのでしょうか?

 

@測る前に脇をしっかり拭きます。濡れていると誤差が出る場合があります。
A飲食や入浴、運動後などは体温が上がっているので、30分ほど待ってから測る。
B体温計は測る方を少し上に向けて脇のくぼみに当てます。
C脇をしっかりと閉じて必要な時間までじっとしていましょう。
D測定が終わったら消毒用アルコールを湿らせた脱脂綿などで拭き取り、清潔にして保存します。

 

このように体温計の測定方法は種類によって多少違いがあるので、正しい測定方法を理解しておくようにしましょう。